ノバルスがニッセイ・キャピタルから1億円の資金調達を実施、IoT市場におけるB2B事業への展開を加速 – IoTNEWS (プレスリリース)



ノバルスがニッセイ・キャピタルから1億円の資金調達を実施、IoT市場におけるB2B事業への展開を加速

乾電池型IoT「MaBeee」(マビー)の企画・開発・販売を行うノバルス株式会社は、ニッセイ・キャピタル株式会社を引受先として、第三者割当増資による1億円の資金調達を実施した。

ノバルスは、今回の資金調達により「MaBeee」で培われた小型・省電力製品開発技術を基軸に、IoT市場におけるB2B事業への展開のため新規デバイス開発、SDKなどのソフトウェア開発、クラウド開発などの開発費用及びB2Bアライアンスに向けたマーケティング費用、人材強化費用への充当を予定している。

同社は2016年8月より「MaBeee」の一般販売を始動。600店舗超での販売を実現し、また2016年グッドデザイン金賞受賞、キッズデザイン優秀賞を受賞している。

【関連リンク】
乾電池型IoT”MaBeee”(マビー)
ノバルス(Novars)
ニッセイ・キャピタル(NISSAY CAPITAL)

Previous シーメンス、TASS Internationalを買収し、自動車業界向けPLMソフトウェアのポートフォリオを強化
Next JellyWare、HTML/JavaScriptのみでBLEアプリケーション開発ができる「BlueJelly」を公開

Related Post





コメントを残す